FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


今、世の中ではSNSが大いに利用されているが、
自分がメインで使っているのはLINEくらいで、
その他はよく分からないし、利用の必要性もあまりないので、
見るだけという程度である。
それなのに、復職したら、職場のTwitterが始まっていて、
あたふたしている。

先日、高校2年生のAちゃんの養母さんと電話で話していた時のこと。
若者のSNS利用は多岐にわたるが、Twitterもかなり使われているらしく、
AちゃんもTwitterを頻繁に利用しているそうである。
子どもが使っているからと、養父母さんもTwitterを始められ、
最初は仕組みも使い方も分からなかったそうだが、
今は「とても便利!」とおっしゃっていて、
「調べものはTwitterが便利よ」とおっしゃっていた。

子どもがいなければ、SNSも最低限利用する程度なのだろうが、
子どもと一緒にいると、よく分からないものにもチャレンジし、
頭も柔らかくなっていくのだなと感心した。
子どもの力は偉大だなぁと改めて思っている。
大阪では緊急事態宣言が延長となり、
気づけば、コロナの感染拡大が広がって1年ほど経っています。

「愛の手」に掲載され、親子になっていくための実習は
時には里親さんは施設内に宿泊しながら
感染対策に気を付けておこなうこともありますが、
週末里親の活動はストップしている施設が多くなっています。

週末里親として、小学6年生のA君とご縁のあった里親さんは
冬休みに初めての面会をする予定が
感染状況が拡大したことによって延期になり、
緊急事態宣言が発令され、更に延び
現在もいつ面会ができるかわからない状況。

A君にはできれば小学生のうちに出会ってほしい…と思いますが
施設で生活する子どもたちや職員さんを守るために
感染防止対策をすることの大切さは十分わかるので
なんとも苦しいところです。

早くコロナが落ち着き
いろんな活動をしていきたいなと願うばかりです。
年末から日々「どうなるかな・・・」と過ごしていましたが、
多くの方のご支援をいただき、
無事に目標額まで到達したクラウドファンディング。
本当にありがとうございます。
ご支援くださった方への返礼品の発送も終了し、
ホッとしています。

次は2月6日に開催する特別養子縁組啓発プログラム
「座談会 わたしが養子であるということ…」。
コロナ禍では、オンラインでの研修などが増えていますが、
今回のプログラムは、かなりプライベートな話でもあり、
出演してくださる方が、率直に話をしてもらえるようになどを考えると
オンライン開催は難しいと決めました。

コロナの感染状況によっては開催への影響もあるだろうと思いつつ、
するからには、感染予防対策もしっかりして、おこないます。
毎年おこなっている啓発プログラムですが、
今年は、保育もできず、書籍などの販売もできない状況です。
しかし、
広く特別養子縁組のことを知ってもらいたいという想いは変わらず、
おこないます。

ホッとしたのも、つかの間で、また次の準備です。
岩﨑は出演してくれる特別養子の方それぞれから話を聞き、
我々は、アクリル板や消毒薬、検温のための体温計など、
これまでとは違う準備物を確認し、
当日に向けて、すすめています。

遠方で暮らすAさんから久々にご連絡をいただきました。
Bちゃんが、20歳になったとのこと。
小学生の頃は、学校へお母さんが呼び出されるようなこともあり、
中校生の頃は、Bちゃんの悩みが大きい時期だったのか、
親子喧嘩が激しく、お母さんとBちゃんでとっくみあいの
喧嘩になった時もあったそうです。
高校生になってから徐々におさまり、
短大の卒業も間近で、就職はまだ決まっていないけど、
子育ても一区切りと、感じておられるようでした。

中高校生の頃に比べれば、すっかり落ち着いたBちゃんと
親子仲良くやっていけそうな雰囲気でした。

Bちゃんへの告知は5歳頃から何度も話しておられ、
中高生の頃には実親への興味も募っていたようですが
この頃は、生みの親のことは言わず、あまり興味もない様子です。
また知りたくなった時には、相談にのります、ということで終えました。

20歳ですっかり終了、というわけではありませんが、
ここまで無事に大きくなってよかったなあ、と
思える瞬間です。


今年も言います。

毎年言っている気がする、『1月はいく』。

去年のワーカー日記に、

『今年も1月はあっという間に過ぎ去りました。
これは、やっぱり、
1月の前半が、えべっさんの飴売りで終わってしまうことが
大きく影響しているような。』

と書いてたのですが、
今年は、えべっさんの飴売りがなかったのに、
やっぱり、気がつけば1月が終わろうとしています。

飴売りのかわりにおこなった、
クラウドファンディングや通販、事務所内販売。
…は、飴売り並みに影響してるとは
思えないのだけれど、不思議。

そして、去年と同じく、
2月に入ると、最初の土曜日に
大きな広報イベントです。

ああ。
今年もきっと、
『1月はいく。2月は逃げる。3月は去る』。
そして、気がつけば、桜が咲いているに違いない。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»