FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


新年度が始まり3週間が過ぎました。
4月から新生活を始めておられる方も、ぼちぼち慣れた頃でしょうか。

4月に中学生になったAちゃんと養母さんが
入学前の春休みに会いに来てくれました。
Aちゃん親子は幼稚園ぐらいまではJBクラブや運動会などの行事に
よく遊びに来てくれていましたが、
小学生になった頃より習い事等で忙しくなって、
なかなかAちゃんに会う機会がなく、養母さんの折に触れた近況報告が
Aちゃんの成長を知ることができる機会でした。

ずいぶんとお姉さんになったAちゃんはボルダリングを習っていたこともあり、
スラリとしているけれど筋肉質なスポーツマンタイプ。
でもオシャレにも興味をもちはじめ、メイクの練習もこっそりしているのだとか。
順調な成長をしているなぁと嬉しい気持ちになりながら
日常の様子をうかがいました。

養母さんとAちゃんは日常的にいろいろな話をしており、
また告知をされているので、普段から養子であることも
当たり前のように話に出てきているそうです。
今回協会に来られたのも、私への近況報告もありますが、
思春期に入りつつあり、Aちゃんもいずれは
自分の生い立ちをもっと深く知りたいと思う時が来ることも想定し、
ぼちぼち協会の場所も一人で来れるように
知っておいてもらおうと思ったんですと言っておられました。

いつかAちゃんが自分のルーツについて聞きに来ることがあれば、
担当者として真摯に向き合えたえらいいなぁと思っています。







昨年から新型コロナウイルス感染の広がりにより、
さまざまな制限が生活の中にあります。
里親子の出会いにも、その影響があり、
特に多くの子どもが生活する施設での実習は、なかなか難しくなっています。
施設での実習には、
里親登録のための研修としての実習や
ある子どもの里親として関係作りの実習があります。

関係作りの実習は、
子どもが里親と出会い家庭に迎えられるために
実習の内容や時間を、これまでとは変えて、
様々な対策をしながら何とか受け入れていただいています。

3月から、関係作りのため里親さんの実習が始まった5歳のA君。
そろそろお家に迎えてもらえられそうだな・・・というところに
大阪での感染の大幅な増加。
中断せずに、早々に、お家に迎えることになりました。

1歳のBちゃんも、里親さんが施設に通って約3週間。
里母さんと2人で過ごすこともでき、お世話もできているので、
施設の実習を長引かせず、早々にお家に迎えることになりました。
お家に迎える予定が早まり、準備が少し慌ただしくなりましたが、
「中断せずに、迎えられるようになって、よかった」と里母さん。

コロナ禍の生活の中で
里親さんのお家と施設を、ほぼ毎日行ったり来たりする実習は、
里親さんも施設の方も、子ども関係づくり以外に神経を使うことが多いです。
なんとか、実習をさせてもらい、
お家の生活へつなげていただけてよかったです。

1歳のAちゃんは、
3世代同居のご家庭に迎えられ5ヵ月が過ぎました。

Aちゃんとのマッチングが決まり、遠方在住だったので、
里母さんは1人泊り込んでAちゃんが暮らす施設への実習に通いました。
お家では、里父さんと、Aちゃんの祖父母と曾祖父母となる方々が
Aちゃんのために室内用すべりだいを組み立てたり、
服や日用品を用意したりと、首を長くして待っておられました。

迎えてからは毎日、
祖父母、曾祖父母4人それぞれが
Aちゃんの顔を見に部屋へ来るそうです。
それぞれがいつも嬉しそうに「よしよし」と頭をなでてくれるため、
Aちゃんも頭をなでたがるようになりました。
「あぁー!」と言って手を出すと、
Aちゃんの背にあわせて、おじいちゃんたちは屈んで頭をさげてくれ、
Aちゃんは満足そうに頭をなでます。

4世代同居となったご家族。
多くの大人が、Aちゃん中心となった生活になりました。
家族皆の愛情を一身に受けて、
表情豊かになったAちゃんです。
これからもたくさんの愛情を受けて大きくなってくれるでしょう。

家庭に迎えられて2ヵ月ほど経った、2歳のたろう君。
乳児院にいるときから甘えん坊のタイプでしたが、
里父母との出会いがあってからは、さらに甘えるようになり
実習中からハイハイをして、赤ちゃんになることもありました。

先日、家庭訪問に行くと
元気いっぱいなたろう君はカーテンに隠れたり、
プラレールで遊んだりしながら
「これ、たろ君の」と色々なものを見せてくれました。
すると、突然「たろちゃん赤ちゃん」と言いながらハイハイを始めたたろう君。
里母は「いつものことです」と笑いながら
「たろちゃん赤ちゃん、こっちへおいで~」と赤ちゃんのように扱い
たろう君も嬉しそうに寄っていき、ぎゅー。
里父には抱っこをせがみ
何度も何度も高い高いをしたり、飛行機のように持ってもらったり
里父ならではの遊びをしていました。

たろう君も里父母も楽しそうに「たろちゃん赤ちゃん」と関わっている姿を見て
ほっこりした気持ちになりました。
月イチ開催のJBクラブ。
就園・就学前の子どもと親とが集まって、
遊んだり、しゃべったり、のんびり過ごす時間です。

Kちゃんが、おうちに引き取られたのは、
おととしの夏、5歳のときでした。

最初の頃は、JBクラブの日に、協会のある建物には来てくれるけれど、
みんなが遊んでいる部屋には入れず…。
どころか、部屋のある3階にもあがってこずに、
1階のロビーで、一緒に遊んだりしました。

「JBの部屋にあがろうよ」と誘うと、
「いや!もう、帰る!!」と、ひとりでずんずん駅に向かっていってしまったこともあったっけ。

そのうち、部屋の前までは来れるようになって、
その次は、渋々部屋には入れるようになったけれど、
みんなとは離れて、机でひとりお絵描き…というのが続き、
いつのまにか、お母さんよりも先に元気に部屋に入ってくるようになって、
ほかの子どもの輪の中にも入れるようになりました。

最近は、JBクラブを楽しみにしてくれていて、
コロナで中止にならないように…と、願ってくれていたようです。

去年の4月、おうちの生活が半年ちょっと経ったころ、
幼稚園に行くのかな、JBも卒業かな…と思っていたのですが、
「幼稚園には行かない!」宣言。
その宣言に、お母さんもお父さんも付き合ってくださって、
結局、幼稚園には行かないまま、それから1年がたちました。

春から1年生。
「小学校も行かない!」宣言をしたらどうしよう…と思っていたのですが、
かわいい色のランドセルも買ってもらって、
行く気まんまん!の様子で、安心しました。

た~~~っぷり充電できたと思うので、
元気に、新しい世界に飛び出してほしいなあ。
次は、JBのOB会?夏のふれあいキャンプ?で会えるかな。

 | BLOG TOP |  NEXT»»