FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


小学6年生のAちゃんに、週末里親さんとの出会いがありました。

週末里親さんは、
施設で生活していて、親や親族などの面会や外泊の機会が持てない子どもにとって
「わたし(ぼく)に会いに来てくれるおじちゃん、おばちゃん」という存在です。
月1,2回程度のペースで、細く長く関わることになる場合も多いです。

Aちゃんも、なかなか実親さんが面会に来られないため、
施設の方から週末里親を探してほしいとの依頼があり、
今回Bさんとの出会いに繋がりました。

施設の先生と一緒に、Aちゃんはちょっと緊張した様子で、
Bさんと私たち関係者のいる部屋に入ってきました。
挨拶はしてくれたものの、
Bさんがいろいろと話しかけてくれた時には、
照れもあって、下を向いたり、横を向いたり・・・。
チラチラと、Bさんが会いに来たことを喜んでくれている雰囲気はありましたが、
声を発するのはもっぱら周囲の大人たちで、
緊張気味のAちゃんは一言、二言の返事が精一杯な様子でした。

しばらくおしゃべりして、Bさんのお家の様子も教えてもらって、
次にBさん会いに来る日を決めて帰ることになりました。
帰りは、玄関先までAちゃんも見送ってくれました。

Bさんが「またねー!」とAちゃんに手を振った時、
ニーッコリとそれまでにない笑顔を見せてくれました。

これからは、BさんがAちゃんに
「また、来たよ」、
「また、来るね」と
繰り返し会いに来てくれるよ。

今までは、他の子の外泊を見送っていたAちゃん。
今年の夏休みは、Aちゃんが見送られて外泊ができるといいな。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |