FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


猛暑の中、担当ケースで2つ、関係づくりのための施設実習をしました。

3歳のAちゃん。初回面会から数日間、部屋の中では緊張感がなかなかとけず、
散歩にいって少しほぐれたくらいでした。
5日目にA里母さんが、虫取り網と虫かごを持参され、
園庭でダンゴムシをつかまえては虫かごに入れ、
公園ではセミの抜け殻を拾ったりして遊べました。
そこからAちゃんの表情は良くなり、ほぐれていったようです。
A里母さんはたまたま虫が平気で、セミも上手につかまえられる人で、
園庭でも虫取り網で上手にセミをつかまえておられました。
Aちゃんはセミを見つけては、いきいきと「あれとって」と要求し、
A里母さんはさっとつかまえて、Aちゃんに「放してあげる?どうする?」と
聞くというやりとりをしておられました。
もともとセミはさわれなかったAちゃんですが、
この機会にしっかりさわれるようにもなったそうです。
毎日のように、ダンゴムシとりとセミとりをする日が続き、
AちゃんとA里母の距離もどんどん縮まっていきました。

5歳前のBちゃん。Bちゃんは虫が大好き。
愛の手の取材の時にも、ダンゴムシを掘り出していました。
セミやチョウにもさわれるし、
4歳のお誕生日ケーキをセミの形にしてもらったくらい
虫が好きな子です。
B里母は虫は苦手とのことでしたが、実習が始まると、
さっそく園庭でのセミとりが始まりました。
B里母は苦手でさわりたくないけど、「子どものため、と頑張ってとりました」と
虫取り網でセミをつかまえておられました。
暑いので、外でおられる時間は限られますが、
子どもと仲良くなるのに、セミが意外に役立ちました。

A家庭は先日、家庭にひきとり、B家庭もひきとり日の目処が立ちました。
家に帰ってもセミとりは続くのかどうか…はわかりませんが
それぞれに新しい生活が始まります。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |