FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


毎年、1グループにつき一人のYMCAのリーダーがついてくれていた
ふれあいキャンプ。
リーダーは子どもたちと寝食を共にし、グループをまとめる役割です。
ですが今年はリーダーさんの都合がなかなか合わず、リーダーが少ないキャンプとなりました。
人手不足のため、私もリーダーとして
7人のグループで一緒に過ごすことになりました。

ふれあいキャンプは小学生から高校生が縦割りでのグループで過ごします。
普段子ども達の生活は同年齢の子どもと接することが多く
縦割りで過ごすことはほとんどありません。
また、養子の子どもたちは圧倒的に一人っ子が多く
年上のお兄ちゃんお姉ちゃんにかわいがられる経験や
年下の子どものお世話をしたり、気を遣ったりする経験があまりできていないことが多いです。
キャンプでは少しでも異年齢の子と関わる経験ができればと思い、
できるだけ子ども同士や大学生リーダーにやってもらおう、と思っていました。

海に行くために水着になったり、入浴の時間があったりと
海のキャンプは慌ただしくなります。
「あれがない!」…など集合時間の前にはてんやわんや。
低学年の子が困っていたら、さりげなく手を貸す面倒見が良いお姉ちゃんたちばかりですが
そうなると、自分のことがおろそかになってしまっている大学生も(笑)
なかなかバランスの難しいところです。

大人の手が足りなかったため、子どもだけでなんとかしてもらう場も多く
家ではやってもらっていることも、自分でする環境になれば
それなりにするものだなあ、とたくましく思いました。

1日目の夜、キャンプファイヤーに花火に、とテンションが上がり切っている女子は
なかなか寝るモードにならず、
布団の中でひそひそとおしゃべりを楽しんでいました。
(一方、男子はみんなすぐ寝たようです。)
こういうことも大切な経験、と思いながらも
明日のプログラムもあるため、心を鬼にして?
声をかけて、眠りにつきました。

毎年参加している小学6年生のBちゃん。
人見知りもあり、これまでは打ち解けるのに時間がかかっていました。
今年、行きの中でキャンプファイヤーの出し物を考えるときに
「こんなクイズはどうかな?」とアイディアを出し
その後も、グループのメンバーと仲良く話をしていました。
大学生リーダーは「Bちゃんがしゃべりかけてくれた!」と
これまでとは違うBちゃんの姿を喜んでいました。

子ども達と1泊2日を過ごすことで、
一人ひとりとしっかり関わることができ、とてもいい時間になりました。

でも、キャンプの次の日は筋肉痛と疲労で布団からなかなか出られず…
日々子どもたちと接する養親さんのすごさを思い知ったキャンプとなりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |