FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


先日、週末里親のBさんとの出会いがあった3歳のA君。
初めての人や場所への不安が高く、
乳児院から児童養護施設に生活の場が変わるために
何度も担当の職員さんが乳児院に通い、
A君との関係づくりをしましたが、
声を出すことすらできませんでした。
でも、児童養護施設に変わると担当の職員さんを頼り、
活発な様子をみせてくれるようになりました。

面会や外泊などの機会が持てないため、
「A君に」会いに来てくれる特定の大人との関わりと
家庭生活を経験できることが必要だと考え、週末里親さんを探し、
出会うことになりました。
Bさんには関係をつくるのに時間がかかるかもしれないけど
気長につきあっていただきたいことをお伝えすると、
「A君にとったら不安ですよね」と理解し、
初めての面会となりました。

事前に「Bさんが、A君に会いに来てくれるよ」と説明した時は
「やったー!」と言って喜んでいたそうですが、
Bさんの待つ部屋に来ると、
担当職員さんに抱きつき顔を埋めていたA君。
職員さんが「ほら、楽しみにしてたやん」と声をかけてもだんまり。
「やっぱり、今日は話もしないかな・・・?」とも思いつつ
おもちゃを出して、遊びながらBさんと職員さんたちと話をしていると
チラチラと様子を気にし、
おもちゃで遊ぶために次第にBさんとの距離も短くなっていきました。
Bさんも声をかけてくれ、
A君もだんだんとおもちゃや絵本を指して「これ、何?」「何で?」と
質問ぜめに。
Bさんは一つ一つに答えてくれ、おしゃべりすることができました。

まだ緊張している様子はあり、
職員さんに促されながらでしたが、
最後は「また来てね!」と元気に挨拶して、別れました。

これから、BさんがA君に会いに来てくれます。
一緒にお出かけしたり、お家で過ごしたり、
いろんな経験を楽しんでね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |