FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


先日、家庭に迎えられた2歳3カ月のA君。
実習中の様子を見に行くと、偶然お昼ご飯がカレーの日でした。
先生がお母さんとA君の食事をお盆に載せてこられると、
さっと座卓をカーペット敷きのところから、フローリングへ移動させたお母さん。

カレーライスもフルーツヨーグルトも、A君は好物だったようで、
早速、食べ始めました。
スプーンもフォークも使えるのですが、食事エプロンをつけ、
まずはお母さんのヨーグルトに手をつっこみ、果物を手で食べていきます。
自分の皿の分のヨーグルトを食べた後、
おもむろに、カレーの中にも手を入れて、お母さんのカレー皿にカレーとごはんを
ドンっと置きました。カレーの中のかぼちゃ、玉ねぎ、にんじんなどは
もりもり手で食べていました。
時々、「ふいて」の意味なのか、手を差し出して、拭いてもらったりしていますが
おおむね手で食べています。
ついつい、机や椅子や服をさわってしまうので、あちこちにカレーがついてしまいますが
お母さんはおしぼりを持参して対処しておられました。

終始にやにや顔のA君は、ともかく、おいしそうな食べっぷりで、終了。
お母さんも食べたんだか、食べてないんだかわからない感じで、終了。
久々に生で見せてもらったなと思って帰りました。

一方、10カ月で、実習中のB君。
こちらも、何でも手で食べています、とのこと。10カ月ゆえに、手についたものを
なめるように食べるので、顔に塗っているかのようになるらしく、すごい状態に。
おかずもごはんもあちこち飛ぶので、レジャーシートを敷いて対処しておられるとか。

子どもとの暮らしが始まった当初、子どもに振り回されて、てんやわんやです。
やつれてしまうお母さんが多いのも、実際です。
食事は毎度毎度のことなので、大変ですが、
満足そうに食べている子どもの表情から、
お母さん自身が自分自身をねぎらってもらえたらと思っています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |