FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


週末里親さんに関わってもらっている現在高校1年生になるA君は、
4月から新しい施設で暮らすことになりました。
A君なりに色々な思いを持ち、様々な問題があり、
施設を移ることになったようです。

週末里親さんは小学2年生からA君に関わってくれています。
新しい施設に変わり、生活も落ち着いてきたので、
先日A君に会いに、里親さんと一緒に新しい施設へ行ってきました。

多感な時期で、しかも新しく生活になったばかりで、
不安な思いもあるだろうA君がどんな反応をするのか、
里親さんも私も少し緊張しながら行きました。

朝早く起きて高校に通っているA君は、せっかくの休日で、
朝寝坊をしたようで、日課である洗濯物干しをやっていた最中でした。

里父母さんを見ると、はにかみながらも、
里父母さんの声かけに応じていました。
「知らん」「わからん」としか答えてくれないかもと思いましたが、
A君に話しかけると、拒否することなく、ゆっくりと話してくれ、
高校1年生ながらも、こういうゆっくりしたやりとりを
まだまだ求めているのだなぁと思いました。

施設が変わる前はしばらくA君に会えなかった里親さんは、
高校の入学祝いと、3月末だったA君の誕生日祝いをしようね、
何か欲しいものがあったら言ってねと優しく声をかけてくださいました。

小さな頃からA君は、何か買ってもいいよと言われると、
何にするのか、考えこみ、ものすごく時間がかかる子でした。
高校生になったA君。今も、「どうしよう、わからん」と言いながら、
なかなか決めきれない様子。
「A君は時間がかかるもんなー」と里父母さんは笑い、
「今度までに決めといてな」となりました。

A君の性格やタイプをよくわかってくださる里親さんとのやりとりをするA君は、
本当に穏やかに、にこやかでした。

実親や親族との関わりがなかなか持てない子どもにとって、
継続的に関わり続けてくれる週末里親さんの存在は
とても貴重です。
子どもによっては、成長過程に施設生活が不安定になることもありますが、
また別の目線で見守ってくださるのがとてもありがたいなぁと思っています。

新しい施設になって、里親さんの「またおっちゃん、おばちゃんのところに来るか?」
との問いに、「たぶん」と答えたA君。
また週末里親さんとの関わりが再開することと思います。
まずは3年間の高校生活が無事に終わりますようにと、
里親さんと共に願うばかりです。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |