FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


小学3年生(この春4年生)のAちゃんに週末里親さんとの出会いがありました。

楽しみにしてくれていたようで、はりきって先生と一緒に緑茶を入れ、
茶托にのせて、出してくれました。
テンションは高いものの、里親さんの顔はなかなか見られないようで、
時々チラチラみる程度です。
返事はなんとかしてくれるのですが、初回面会では照れてしまうようでした。

週末里親さんのことを「なんて呼びたい?」と聞いてみると、
なかなか答えられません。
里親さんが「おっちゃん、おばちゃんでええねんけどなあ」と言ってくれても
先生が「2人ともBさんやからなあ」と言ってくれても
「Bさんと呼ぶ」と言います。
「自分のためのお客さん」は児童相談所のワーカーさんくらいで、
Cさんと呼んでいるため、同じように考えたのかもしれません。

家庭に暮らしていた間も、親族との関わりもなく、地域から孤立していたりすると
「おっちゃんおばちゃん」というもの自体、
何なのか、想像しにくいのかもしれない、と思います。

最初は「ねえねえ」とかで、何とも呼ばないかもしれないし、
あえてBさんと呼ぶかもしれません。
「そのうちに『おっちゃん、おばちゃん』とふいに呼んでくれるのを楽しみにしておきます」
という里親さん。
「Aのおっちゃん、おばちゃん」と言う日もいずれ来るでしょうし、
その頃に「おっちゃん、おばちゃん」の温かみを
感じてくれるようになってくれればと思っています。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |