FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


ふれあいキャンプ報告第4弾です。

今年は山のキャンプで、海のキャンプ程、ガッツリ泳ぐということはありませんでした。
暑さをしのぐためには多少水浴びも必要かと思っていたところ、
キャンプ場の紀泉わいわい村には川があるということでした。
これは、プログラムに『川遊び』を入れるしかないわ~と職員で話していました。
しかし、下見に行った職員からは、「ほんまにちょっとした川で、
雨が全く降らないと水が干上がるぐらいやで」とのことで、
川遊びで時間が持つのだろうかと少々不安でした。

キャンプ前日から当日にかけて雨が降っていたので、
川が干上がる心配はないなぁと思いつつ、
果たしてどれぐらい遊べるものなのだろうかと思っていました。

キャンプ場に着き、見たところによると、川の水位は膝下ぐらい。
川遊びが出来る場所もそんなに広くはなく、30人弱の集団で遊ぶのは
じゃれあう程度かなという感じでした。
キャンプ場に着いて、昼食を摂った後、準備をして、川へ。
子どもたちは一斉に川に入りに行き、「つめたーい」と言いつつ嬉しそう。
リーダー達が子どもに水をかけ出すと、子ども達は「キャーキャー」と大喜び。
初日でなんとなく緊張していた子ども達も、徐々にほぐれていきました。
夕方までのスケジュールもゆるやかに組んでいたので、
あまり時間を決めずに遊んでいたのですが、気づけば1時間近く経っていました。
透き通っていた水も子ども達がザバザバやるので、あっという間に濁っていきましたが、
そんなことはおかまいなく楽しそうに遊んでいました。
YMCAの職員さんも「こんな小さな川で1時間も遊べるとは」と苦笑いされていました。

他の子ども達のことは分かりませんが、
ふれあいキャンプに参加する子ども達は本当に無邪気で、
ちょっとのことでもけっこう遊べるなぁといつも感心します。
海のキャンプのように、カヤックやカヌーに乗る等の
きっちりとしたプログラムではなかったのですが、
こんな遊びでも子ども達にとっては楽しいプログラムなのだなと思いました。

今年も、大きなけがもなく、元気にキャンプの3日間を過ごすことができました。
子ども達の一夏の思い出の一つになったかなぁ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |