FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


ざつざつ、ちょびちょび、と続きましたので、
何としようかなと思いましたが、片づけの結果はまた後日書くことにして
(私もちょびちょびやっていますが、なかなか片づきそうにないので)
まったく違うことを書きます。

3歳のA君。
初回面会の前の日、乳児院のB先生から
「あした、A君におとうさんとおかあさんがきてくれるよ」と伝えられました。
A君は神妙な顔をして聞き、
B先生が「おとうさん、おかあさんのこと待ってた?」と言うと、
「・・・うん・・・ちょっとだけまってた」と答え、
その後、みんなのところへ戻ると
「Aくんのおとうさん、おかあさん!!イエーイ!!」と叫んでいたそうです。

面会当日、A君とB先生が2人で遊んでいる部屋へ、夫妻と児童相談所の職員さん、
乳児院の里親対応の先生、私が入っていきました。
A君はB先生の膝の上に座り、伏し目がちにしていました。
夫妻が声をかけ、遊ぼうとしても声も出さず、でした。
ただ、見られてない時にチラ見して、徐々にほぐれていきました。
最後には少しはにかんだ笑顔が見られたものの、この日は、
A君の普段のやんちゃっぷりは全くみられませんでした。

翌日からは、みんなの中に入っての実習です。
早速、他の子どもにお母さんが取られそうになると怒り、
奪われないよう、立って抱っこしてくれるように求めました。

その数日後、別室でお母さんと2人きりになると、独り占めできるので、
さほど抱っこも求めず、楽しく遊んでいるそうです。

「3歳を過ぎているし、お父さんお母さんを待っていたんだねえ」と
B先生も我々も話し合っています。

おうちへ行くことがどれほどイメージできているかわかりませんが、
A君の中でお父さんお母さんを待つ気持ちは強く、実習はスムーズに進んでいます。
おうちへ迎えられる日も近づいています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |