FC2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


月刊紙『あたらしいふれあい』9月号で、数年前に購入したミラーレス一眼レフカメラで
50周年記念事業の撮影係を担当することを書かせてもらいました。
毎月3000通発送している機関紙の反響はすごいもので、
トークや祝賀会では「これが例のカメラですね」とたくさんの人に声をかけてもらいました。

50周年記念事業の当日は毎日新聞の取材も入っており、
紙面に掲載される写真のために写真部のカメラマンのKさんも来られていました。
Kさんは、10年以上前に写真部でありながらも社会部へ修行に来られていた時に、
愛の手も担当してくださっていたので、
私たち職員とも仲良くさせていただいていました。
当日の機関紙の反響から、写真の出来へのプレッシャーも感じ、少々焦ってた私は、
「お願いですから、写真撮っておいてくださいよ~」と、Kさんに頼んでみたものの、
「あかん、紙面のものしか撮らへんで!」と言われてしまいました。

がっかりして、がんばるしかないか~と、
とりあえず、「数撃てば当たる」と信じて、バシャバシャとシャッターを切り、
気づけばトークでは450枚、祝賀会では300枚ほど撮影し、
最終的には充電池が無くなり、がみがみのカメラを借りる・・・
という事態になってしまいました。

それでも、Kさんと顔を合わせるたびに
「お願いですから、撮ってくださいよ~」と頼んでいたところ、
協会を見捨てられなかったのでしょう。
祝賀会のステージの写真はアップで撮ってくれていました。
祝賀会の会場は少し照明を落としていたので、
「この会場、けっこう撮りにくいで」とのことでしたが、
できあがった写真はさすが!
ステージで出し物を披露してくれているのKさんもMちゃんもHちゃんも、
暗い会場にもかかわらずピントも合い、光の加減もちょうどよく、
とってもきれいに映っていました。

その反面、数撃てば当たる作戦の私の出来栄えはというと・・・。

トークの写真はまだましでしたが、祝賀会の写真はピントが合っている写真は数えるほど。
「この会場けっこう撮りにくいで」とKさんに言われて
「撮りにくいのか!」と初めて気づくぐらいでしから、
この結果も仕方ありません・・・。
カメラが良くても技術がダメではあかんのや~ということを気づかされました・・・。

写真はこんな結末ですが、50周年記念事業に関しては、
参加していただいた方から「よかったよ」と言ってくださることが多く、
私たちもがんばってよかったな~と思っています。

連続4回の50周年記念事業のこぼれ話はこれでおしまいです。
明日からは11月です。
来月は怒涛の更新とならぬようにしなければ・・・。








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |