fc2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


10月30日(日)に第23回おやこDEうんどう会を開催しました。
今年も秋晴れに恵まれ、日差しがきつく感じられるほどでした。
最終的には50家庭の参加となり、協会職員含め総勢196人となりました。

今年は、競技数を15にしました。
開会式、閉会式含め、10時半から15時半の間で
ぽてぽてと歩き始めの幼児から、小学生、中学生、大人(中高年)まで
欲を言えば、70歳代くらいまでが参加できる競技を
詰め込んでいます。

つなひきや、大玉ころがし、玉入れ、リレーなどの定番競技もありますが
毎年、流行や時事ネタを絡めたオリジナル競技を考えるので、
その企画がなかなか大変です。
もう23回なので、「アイデアが枯渇してる…」と思いつつ
競技内容と、競技名に頭をひねっています。
しかし「毎年のユニークな競技、期待してます!」と言われると
やめるわけにはいきません…。

手作りの競技備品が多いので、ボランティアさんに手伝っていただきながら
今回はハロウィン風の帽子や、ボールを取り出す箱を作ったり、
紙のおにぎりを作ったり。
作ってやってみて、競技内容を推敲することもあります。
10月後半は事務所の中が、しっちゃかめっちゃかになり
運動会のことばかり考えている状態です。

運動会当日の朝、段取りよく進められるかなと、少々焦りを感じつつ
やっている最中には、思いがけない幼児さんの動きに笑わされたり
疾走する小学生の走りに「大きくなって」と感動したり、
終わった時には、子どもたちの「楽しかった~」という声に支えられ
毎年の運動会を終えています。

本日、KBS京都ラジオの1コーナーで
10月は里親月間ということで里親制度をテーマに取りあげていただき、
電話出演をさせていただきました。

電話を通じて質問にお答えし、
それをラジオのリスナーさんが聞いているという形です。
私も車を運転しながらラジオで、
DJとリスナーさんが話すコーナーを聞くことはありますが、
出演するのは、もちろん初めてです。
「ちゃんと質問に答えられているだろうか?」など
かなりドキドキして話していました。
おおまかに、事前にどんな話をしたいかを考えていたものの
いざ、本番となるとあたふたしていました。

番組のパーソナリティーやパートナーの方に
フォローをしてもらい、何とか話ができました。
短い時間でしたが、
聞いてくださった方が「里親制度」について
関心を寄せていただく時間になったらと思います。


7月の終わりに、
1歳1ヵ月のA君は東北地方に住む
養親さんのもとに引き取られました。

先日、家庭訪問に行ってきました。

調査のときは飛行機を使ったのですが、
空港から自宅まで2時間近くかかるので、
今回は電車で行くことに。

大阪から東京まで新幹線で2時間半、
そこから在来線の特急で2時間半。
総距離は700kmを超えます。

引き取りの日も、
一家は電車で自宅まで帰りました。
初めての飛行機は、A君が恐がらないかな、とか、
飛行機の中で大泣きになると、
逃げ場がなくて大変だな、とか思うと、
電車の方が安心かな…となったのでした。

今回、私も同じルートで自宅まで伺いましたが、
いやはや、遠かった!

この距離を、
3週間前に会ったばかりのパパママと一緒に移動し、
その間、一度も泣くこともなく、
ニコニコと機嫌よくしてるか、寝てるかで帰ったというA君は
なかなかの大物だなあ、と感心しました。

そして、新米のパパとママも
よく頑張らはったなーと思いました。

当のA君。
駅の改札で私と顔を合わせた時も、
おうちにあがらせてもらって、
こたつをはさんで顔を合わせた時も、
泣いて、パパママに助けを求めていました。

すっかりおうちの子だなーと、
嬉しくなりました。
4歳のT君は施設で暮らしている時から消防士にあこがれていました。
施設の近くに消防署があって、お散歩の時にはよく消防車を見ていたそうです。
施設とのお別れの時には、施設長からヘルメットをもらい、
防災用ではありましたが、喜んでいたそうです。

3ヵ月前に家庭に迎えられ、家では施設長にもらったヘルメットをかぶり、
消防士の上着を着て、鏡を見ながらポーズを決めていました。
また家でYouTubeで消防士の消火活動や訓練の映像を見て、
自分も消防士になり切っているそうです。

先日のJBクラブはちょうど雨が降っていました。
新しく買ってもらった消防士の雨合羽を着て、
がっちりした長靴を履いて、来てくれました。
職員が「かっこいい~」と言うとまんざらでもない様子。
今、欲しいものは、消防士さんが消火活動の際に使っている
酸素ボンベと防護マスクだとか。
普通に入手するのは難しそうなので、
工作して作ろうか~と里母さんと話していました。

消防士へのあこがれはいつまで続くかわかりませんが、
密かに私は未来の消防士になってくれることを期待しています。

 | BLOG TOP |