プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


4歳のAちゃんを迎えたBさん夫妻。
Aちゃんは新しい人や場に対しての緊張が高く、
施設での実習から家庭に迎えられるまでに、
かなり時間がかかるのでは、と思われていましたが、
施設の担当職員さんの強力な後押しもあり、
予測していたよりも早く家庭に迎えることができました。

実習の時から、里父さんには拒否的な態度を現わしていましたが、
里父さんは気長に関係を築いていく覚悟を持っておられ、
Aちゃんのペースにあわせてくれています。

反対に里母さんには、べったり。
抱っこされ甘えるかと思えば、抱っこさせたまま里母を叩いたり。
その上に「ママは、Aがきらいやろ?」と里母さんの反応をみてきます。
体力もいりますが、なかなか精神的な戦いでもあります。
当初1か月ほどは、里母さんは自分が食事をとるのを忘れることもあった日々。

Aちゃんの不安や怒りも吐き出され、次第に3人の生活になじんできた頃、
協会で月1回開催している親子サロンへ遊びに来てくれました。
Aちゃんはずーっと里母さんを傍から離さず過ごしていましたが、
以前より柔らかく楽しそうなAちゃんの表情が見られました。

気力も体力もたくさん注ぎ、体重も減った里母さんですが、
その分Aちゃんとの関係は確実に深まっておられています。

1才半のAくんとの初面会の日を迎えた養親さん。

子どもとの『お見合い』の日には、
子どもの緊張をとき、気持ちをひくために、
何かおみやげを持ってきてやってくださいねー!
と、お願いをしています。

『わが子への初めてのプレゼント』を選ぶ作業は、
なかなかたのしいようです。

はるばる新幹線に乗って、Aくんに会いに来た養親さん。
たいてい、おみやげはオモチャを一つかふたつ…なのですが、
お父さんが持っていた袋は、
『サンタか!?』とツッコみたくなるくらい、超特大!!のものでした。
電車の荷物棚にも乗らず、宿泊先から施設まで歩いてくる途中も、休み休みだったとか。

中から出てきたのは、
クマのぬいぐるみ(←けっこう大きい)、
レゴブロック(←大きなケース入り)、
アンパンマンのオモチャ(←これもけっこう大きい)、
布製のボール、
そして、『コレに乗っておうちに帰るんだよー』という、新幹線のオモチャ。

どれがAくんの気に入るかわからず、
悩んだけど、全部買っちゃいました!
…という感じでした。

さて、肝心のAくん。
どれもこれもお気に召したようで、
ひととおり、楽しそうに遊んでくれました。
絶対に泣く!という予想に反して、ご機嫌で、
お母さんのヒザに座って、一緒に遊ぶこともできました。

今日から実習スタート!
クリスマスにお正月と、たのしいシーズン。
おうちでは、おばあちゃんサンタに、ひいじいちゃんサンタに、ひいばあちゃんサンタが待ちかまえてるよー♪



ぺたぺたがあまりふれてませんでしたが、11月はあとわずか。
連日更新しないと間に合いそうにありません。
間に合わないと、翌月は「毎日更新」という恐ろしいルールです。

先日、中学生になったA君が発表会に出るのに呼んでいただき、聴きに行ってきました。
A君は、「Aは太鼓好き」と見込んだお母さんに勧められて、ドラムを始めて4年ほど。
庭にお父さんが建ててくれた練習場所に、ドラムセットを置き、練習しているそうです。
ピアノの発表会などはイメージできるのですが、ドラムの発表会はどんなものだろうと
楽しみにして、出かけました。
市民文化祭のようなものと思いこんで行ったのですが、
実は「大人のヤマハ教室」の発表会で、それに混じっての登場で、
ドラムセットで、「太陽にほえろ」のテーマに合わせてのソロ演奏でした。
帽子もかぶっておしゃれに叩いていました。
舞台の上では、「大きくなって~」と思わせてくれたA君でしたが、
演奏後に会うと、顔の感じは小さい頃のまんま。
背は抜かれてしまいましたが、面影はそのままでした。

発表会は、他にも、サックスやギター、ボーカルなど、
趣味に打ち込む楽しそうな大人たちの姿も見られて、
なかなかおもしろかったです。
打ち込むもの、夢中になるもの、自信がもてるもの、
何か見つかると、とてもいいなあと思いました。

11月はじめに運動会が終わり、あっという間に11月末になっていました。
10月~11月にかけて行事続きだったのが一段落し、
職員は担当ケースのことで毎日バタバタとしています。

先日、9月末に引き取られた2歳のA君宅に行ってきました。
家庭に迎えられてから、外に出かけるのが嬉しくて楽しくて、
毎日ことあるごとに「外へ行こう!」と言っているそうです。
A君の家では、歌が大好きなA君と一緒に家族でよく歌を歌っていて、
『靴が鳴る』の歌を散歩に行くときのサインにしているようです。
A君は外へ行きたくなると、外へ連れ出してくれそうな人を見つけ、
歌を歌っているのだとか。
他にも、この歌を歌うと、マルマルのサインというのはあるようで、
楽しそうにそのことを教えてくれたり、A君のかわいい歌声も聞かせてもらいました。

お父さん、お母さん、おばあちゃんと、皆がA君に構ってくれる中、
A君は家族の前で笑顔いっぱいでしゃべったり、
歌ったりする様子を見させてもらいました。
この2ヵ月間で、着実にこの家に根付いているなぁと嬉しく思えました。
これからもA君がどんな風に成長していくのか、楽しみです。





 | BLOG TOP |