プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


いよいよキャンプ1日目です。

こんなときに「あたり」を引いてしまい
フェイスブックにも割とリアルタイムでキャンプの様子を載せているので
わたしのキャンプについて、書きます。

協会のキャンプはYMCAのスタッフさんにお手伝い頂いていて
大きい子もたくさんいるので
小さい子のお世話はお任せできる部分も多く
少しのんびりさせてもらえます。

海に入るのは去年のキャンプ以来でしたが
ライフジャケットを駆使して浮かびながら
時々子どもに水をかけられつつも
満喫させてもらいました。

ご飯は食堂で食べさせてもらえ、
テントでなくコテージで寝るので
本格的なキャンプとは少し違うのかもしれませんが
普段都会で生活している子どもたちや我々にとっても
ちょうどいいキャンプ具合なのです。
携帯の電波も入りますので。

明日も盛りだくさんのプログラムです。
皆で楽しみたいと思っています。
今日は、まじまじ、ぺたぺた、私の3人でのあみだくじで、
作ったのは、まじまじ。
やはり、作った人は「あたり」にならない仕組みなのか…?
不思議なあみだくじです(笑)

明日からのふれあいキャンプむけて、
ここしばらく事務所は、キャンプに持っていく荷物、
持っていかないキャンプの備品、がごった返していました。

今日はさらに、機関紙の原稿〆切日。
原稿担当の人は、朝から皆に原稿をチェックしてもらい、書き直し、
またチェックしてもらい、書き直し…。

その一方で、
愛の手の取材や家庭訪問があったり、
キャンプの準備物を確認したり…。

バタバタした一日でしたが、
夕方には、チェックリストで確認しながらキャンプの荷物を台車に積み、
準備は完了!(たぶん)
その後、原稿も仕上がり、無事に完了!
明日、みなが集まってくるのを楽しみにしています。

あとは、自分の荷物をまとめるだけです。
毎日、私が二人を指名し、私含めた3人分のLINEのくじを作っていたのですが、
なぜかくじを作っている私には当たりがこない、というのが続きました。
業を煮やしたがみがみが、「今日は私がくじを作る!」というので、
作ってもらったら、がみがみには当たらず、私に当たるという・・・
なんとも不思議なくじです。

今年のキャンプ係はがみがみと私です。
今日は買い出しのため、車で5分ほどの「松屋町」へ。
玩具やひな人形などの問屋さんがメインのところです。
昔は業者さんにしか売らなかったようですが、
今は小売りもしてくれるので(お菓子は30個入りだったりしますが)
運動会やキャンプ、クリスマス会など、大きな行事の時には、
おもちゃやお菓子を買いにいきます。
夏は花火、冬はクリスマス用品が並んでいたりします。
紙製品や袋もの、カレー屋さんや蕎麦屋さん、などもあります。

今日は「いつのまにやら、こんなところに『トースト屋』さんが!」という発見が
ありました。
トーストのメニューがかなりの数ありそうな店で、ちょっとそそりました。
時間さえあれば、寄りたいくらいですが、急ぎ、事務所に戻りました。

通天閣だけではなく、この雰囲気もディープな大阪というべきか・・・。

花火やおやつを購入し、キャンプの準備もいよいよ終盤です。

今日の担当もあみだで決めました。あたりです。

今日はあべのハルカスでのイベントがあり、ずしずしとうごうごが出張中です。
残った3人でキャンプの子ども達の名札を作りました。

先日のキャンプのオリエンテーションで、来てくれた子ども達に
グループの名前を決めてもらっていたので、
その名前にちなんだ形の名札を作ります。
今年は男子1グループ、女子2グループで、
男子は「レジェンドクラス」、女子は「Mermaid」、「花火」というグループ名に決まりました。

以前のキャンプで作った名札の型紙を置いているので、
同じグループ名の場合はそれを使いますし、
似たような名前のグループであれば少しアレンジして使います。
型紙に描いた絵の線を裏面から鉛筆で黒く塗り、
表面から線を鉛筆でなぞると紙に下絵が写ります。
それをマジックでなぞって、子どもの名前を書いて、
はさみで切っていくという地道な作業です。

人には向き不向きがあって、こういう工作のような作業は、私は苦手です。
線がゆがんでしまったり、はさみで切ったものがガタガタになったりして、
どうやってもうまくいきません。
がみがみは絵を描いたり、工作をしたりが好きなので、楽しそうでした。
まじまじは自分で描いたりは苦手だけど、できあがったものを切ったり描いたりは好きなので、
この作業は楽しくできたそうです。

名札もできあがり、準備物は明日そろえて、来週火曜日からのキャンプに備えます。
あとは出し物だ。。。

ふれあいキャンプが来週に迫ってきました。

2日目の夜にはキャンプファイヤーをして、
グループごとに出しものを披露するのが恒例です。
子どもたちは、2日間、海洋プログラムの"すきま時間"に、
ダンスや歌、クイズ、ゲームなど、出しものを決めて、
練習をし、本番に臨みます。
限られた時間の準備なのですが、
なかなかのクオリティで楽しませてくれます。

そして、この「出しものタイム」で、
協会職員も出しものをやらせてもらうのも、これまた恒例です。
「ふれあい楽団」と称して、リコーダーやピアニカ、ウクレレの合奏をしたり、
フラダンスを踊ってみたり、ひげダンスをしてみたり…と
いろいろやってきました.。

子どもたちの出しものと違うところは、
我々には、「準備の時間がある」ということ。

今年も、出しものの中身は早々に決まったのですが、
そろって練習をする時間がない!
おのおの「自主練」はしているものの、
そのデキは、かなり怪しいです。

今日こそは一度合わせてみないと!と意気ごんでいたのですが、
午前中は私が面接、昼ご飯をはさんでの会議が長引き、
そのあとは、ずしずし&うごうごは面接…と、実現せず。

面接が始まると、「大きな音」が出せないので、
パソコンでBGMの音量を最小限にしぼりながら、
まじまじがせまーいスペースで怪しい動きを繰り広げていました。

キャンプまでの「平日(出勤日)」は、わずかに3日。
全員そろっての練習は実現するのでしょうか…。

 | BLOG TOP |  NEXT»»