プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


ワーカー日記、平日連日更新も、
残すところ、今日を入れて4日となりました。
みなさま、お楽しみいただけていますでしょうか。

平日連日更新の元凶となった、まじまじが、
自分とあと2人であみだくじをし、
当たった人が書く…ということになっています。
なんと、ずしずし だけが、その当たりくじをひいていないのです。
このまま最後まで逃れるのか、どうなのか…。

そんな私は、今日のお当番であることを、23:00過ぎて思い出しました!
今日は、仕事のあとは、リコーダーの練習に、ずしずしと行っていて、
家に帰ったのは22:30。
そのままうっかり忘れてしまうところでした。
忘れたら、来月は、休日も含めての連日更新です…。

ずしずしと私が、リコーダーをやっていて、
それを「広報活動」に便乗!?して披露させてもらってることは、
機関紙でも何度か書いているのですが、
あさっての日曜日に、所属するグループの大きな演奏会が控えています。
そのために、月2回の先生に教えてもらってのレッスンに加えて、
週に1~2回の自主練習がおこなわれています。
こうなると、もはや、リフレッシュとか、息抜きとかの趣味の世界というより、
「オトナの部活」の様相です。

が、オトナになると、何か目標に向かって頑張る…という機会は
意外と少なかったりもするので、ちょっと楽しいです。

お時間のある方、よろしければお越しください。
いつになく真面目な!?ずしずし&がみがみが見られるかも(笑)。
_20180223_234718.jpg
普段は、弁当を作って持参したり、コンビニやスーパーで買ってきたものを
おひるごはんに食べている協会の面々。
弁当持参率は約半分ほど。
私は、あきたなーとは思いつつ、コンビニやスーパーの利用が多い。

昨日、ぺたぺたが
「農家さんができるだけ無農薬で育てて、天日干ししたというお米を、
里親さんから2合もらった」と言ってきたので
早速、事務所でごはんを炊き、みんなで食べることにした。
みんなウキウキと、漬物や味付けのり、キムチを持参したり、
おかずだけ買ったり、持参したりした。
全部並べると、まるでステキなランチタイムのよう・・・。
そして、お米は、さすがに噛めは噛むほどしっかりと味のあるお米であった。

時々、こんな楽しいことがあるといいなと、思うのであった。


今年の2月は、大雪とオリンピックのニュースで、比較的長く感じています。

普段はスポーツにはほとんど興味はありませんが
オリンピックになると、ちらほらと競技を見てしまいます。
くわえて開会式が好きで、聖火がどうやって点くか、
リアルタイムで見ているように思います。

若い選手たちの、競技の技ももちろんすごいなあと思いますが
レースの度のコメントを、うまいなあと感心することも多いです。
「がんばりました!」だけではない流暢さに
今時の若者もなかなか・・・と思ってしまいます。
事前に考えているとしたら、
競技のことだけやっていたらいいわけではないのか、とも思えます。
「周りの支えに感謝しています」とか
「応援してくださった方たちに・・・」とか言うのが
気遣いばかりで大変そう、と余計なことを思ってみてしまっています。

4年間忘れていて、オリンピックがきて思い出すようなマイナー競技もあって
もうしばらく楽しめそうです。

さて、事務所では、「残り福セール」がそろそろおしまいになりそうです。
多くの方に買っていただき、感謝しています。
本当にありがとうございました!


2月も残り1週間となりました。

半年前、家庭に迎えられた4歳のAちゃん。
繊細で、不安が高いのに強がってしまう
パワーのある子です。
家庭で暮らしてから、これまで溜めてきた
色んな感情を吐き出すように、
里母さんを手こずらせてきました。
些細なことで怒り出したり、
びっくりするほどの量の果物を食べたり、
夜寝たかと思ったら、起きて泣き叫んだり。
里母さんはイラっとしたり、眠れない日々に
クタクタになりながら、なんとか耐えてきました。

ひと時も離れられない日が続いていましたが、
先日用事があって、何度も遊びに行っている
近所の祖父母宅でAちゃんを見てもらいました。
用事が終わって、急いで帰った里母さんでしたが、
当のAちゃんは祖父母とコタツに入って
テレビを見てくつろいでいたとか。
ちょっと前までは、ちょっとでも離れることを
不安がってたのに…と思うと、
ちょっと寂しい思いもしたんです…と里母さん。

気づけば半年。
里母さんがAちゃんと濃密に過ごした日々は
「ママは絶対帰ってくる」という信頼と安心を
Aちゃんにもたらしたのではないかと思います。

一つの山を越えた里母さんの強さと情の深さに
いつも感動させられています。
そろそろ、がみがみに当たれ…という、
うごうごの怨念で当たりました。

もしかして、この感じだと、当たらないまま2月が終わるんじゃない?
…と思いながらも、
もし、当たったら、このネタにしよう。…と考えていたことが
確かにあったはずなのに、いざまわってきたら、思い出せない……。

巷では、インフルエンザが大流行のようです。
ようやく、前の週の患者数よりは下回ってきたようですが、
あちこちで、罹ったとか、学級閉鎖になったとかいう話を聞きます。

協会では、年の初めに、わさわさがA型に罹りました。
えべっさんの福飴売りの直前だったため、
うつっていたらどうしよう…と、戦々恐々としていたけれど、みんな無事でした。

そして、先週、ずしずしがB型発症。
鼻水をずるずるたらしながら、「花粉症かな?」などと言っていましたが、ビンゴ!でした。
幸い、面接や施設訪問や里親さん宅訪問など、外に出る仕事はまったくない週だったのですが、
中の職員たちは、ふたたび戦々恐々。
もう潜伏期間は過ぎ、今回も、全員無事でした。

仕事で人と出会ったり、子どもの施設に出入りすることも多いので、
「うつさない」「持ち込まない」ことには、みんな敏感なのですが、
もう、こんなに大流行すると、職場で患者が出ようと出まいと、
至る所で「もらってくる」可能性はあるのだろうなと思いつつ。

みんなで笑いながら、免疫力UPに励みたいと思います。

 | BLOG TOP |  NEXT»»