fc2ブログ

プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


毎日新聞の「あなたの愛の手を」欄は、
毎回児童相談所職員さん、毎日新聞記者さんで
子どもが生活している施設に行って、
写真を撮り、子どもの様子を聞いて、
毎日新聞の記者さんが記事を書いてくれています。
新聞社には人事異動があり、
定期的に愛の手担当記者さんが入れ替わっています。

今は愛の手担当記者さんは3人で交代で担当してくださっていますが、
この4月から3人のうちの2人が代わりました。
女性2人と男性1人です。

愛の手には0歳から5,6歳ぐらいまでの
乳幼児が掲載されることが多いですが、
その年齢の子どものかわいい瞬間を写真におさめるのは
なかなか難しいものです。
動きが激しくてぶれてしまったり、
大人に囲まれて緊張して表情が固まってしまったりなど。
どの記者さんも、大きな“いい”カメラを子どもに向け、
かわいい写真を撮ろうとしてくださっています。
先日一緒に取材に行った4月からの記者さんも、
子どもにカメラを向け、バシャバシャとシャッターを切って、
写真のできを確認し、「かわいい」と思える写真でも、
「うーん」と考えて、「もうちょっといい写真を」と
再びカメラを向けておられました。

愛の手の記事は、それを通じて養父母と出会うとても大事な記事です。
大阪の愛の手運動は5月で始まって60年になりました。
毎日新聞の愛の手記者さんの強い思いがこめられて
愛の手記事はできあがっています。


最近、4月から小学1年生になった3家庭に
元気にしてるかな、という思いつきで連絡をとってみました。
たまたまではありますが、その日、3人ともが学校を休みたい!
あるいは熱が出て…という状態になっていました。

A君は、風邪をひいたようで、お母さんは
環境が変わって緊張もあって体調を崩したのかな…ということでした。
B君は、GW明けを乗り切ったものの、疲れが出てきたのか
起き抜けから「学校へ行かない!」と言っていたけれど、
翌日は用事で休む予定だったので、ひとまず学校へ行ったとか。
C君は、順調に通えていたものの、その日「行きたくない!」と
ぐずって抵抗し、遅刻して結局は休んだという…。

偶然3人とも不調で、あらあらーという感じですが
あまりにタイミングが揃っていたのでちょっと面白かったです。

少し休んで充電し、ぼちぼち学校に行けるといいなあと思っています。


里親さんとの出会いがあった3歳のA君。

これまで、里親さん家庭に迎えられる子を見送ったり、
親族の面会がある子を見てきました。
取材の時、自分へのお客さんが来る、と
とても楽しみにし、ノリノリで写真撮影をさせてくれましたが、
終わって部屋に戻ると号泣だったそうです。

里父母との初めての面会では、
緊張した様子ながらも、いろいろなおもちゃを出して里父母に教えたりしてくれました。
面会後は自分の部屋から
里父母が帰るのを見送ってくれ、里母は「明日、来るね」と声をかけていました。

翌日から里母が施設に通うと、
ハイテンションで一緒に遊んでいました。
里母もA君が喜んでくれるようにと頑張っておられます。
1週間ほどすると、里母が来ることに慣れてきたのか、
「少し落ち着いてきた」と施設の方から報告をいただきました。
自分に会いに来る人の存在を待っていたのだなとしみじみ感じます。

里父は、仕事が休みの時しか会いに行けません。
毎日の様子を里母から聞き、次に行く時はどうしようかと考えているようで、
夫婦の会話も増えたそうです。
ゴールデンウィークは、仕事がお休みで施設に行ける日が続きます。
里父とA君との時間をたくさん持てるといいなと思います。


令和6年度がはじまり、あっという間に月末になりました。
毎年、この時期には、昨年度の決算業務や統計、
事業報告などに追われています。
また毎年5月に総会を開催しており、
その案内と会員の皆さまや協会を支えてくださる皆さまに、
総会の案内と、会員の皆さまには
会費請求のお願いもこの時期に送っていて、
その発送作業もあります。
1年に1回、事務作業が一番忙しい時期なのですが、
通常業務のあいまを見ながら準備を進めていました。

何度もやっている作業ですが、1年に1回だけで、
「どうだったっけ?」と職員で聞き合いますが、
協会職員も年齢が上がり、記憶力があやしくなっているので、
思い出せないこともしばしば…。
これまでの資料を確認しながら、あれやこれやと進めました。

なんとかかんとか、水曜日に理事会が終わり、
昨年度の決算や事業報告等の承認が受けられました。
また、総会案内や会費請求も昨日発送できました。
ゴールデンウィークを前に、年度初めの業務が終えられ、ホッとしています。

会員の皆さま、協会を支えてくださる皆さまのところには、
ゴールデンウィークの合間に郵便物が届くと思います。
ぜひご確認いただいて、ご協力をいただけますよう、
よろしくお願いします。

月に1回、親子の遊び場として開いているJBクラブ。
昨年度に家庭に迎えられたAちゃんとBくんは、
同じ施設の同じグループの出身です。
Aちゃんは11月頃に、Bくんは2月に家庭に迎えられました。
ですので、BくんはAちゃんのことを見送った形です。

互いに、おうちでも名前は出ていたようで、記憶に残っていましたし
双方「会いたい」ということでしたので、
今月のJBクラブで、再会することになりました。

先にAちゃんが来ていて、後からBくんが来たのですが
Aちゃんは目を合わせようともせず、もくもくと遊びを続け
Bくんも、他の人には寄っていくものの、なかなかAちゃんに
近づこうとしませんでした。
アルバムの写真でも見ていたので、「まぎれもなくAちゃん(Bくん)」と
わかっているだろうに、恥ずかしいのか、
まだほぐれないのか、距離がありました。
1時間以上経ってから、ようやく少し絡むようになり
最後には一緒に盛り上がって楽しく遊んでいました。

お母さん同士は初めまして、ですが、
同じ養親同士、気持ちを共感できるところもあるだろうなと思います。
AちゃんもBくんも、
再会して改めてお友だち関係になれたらいいなと思いました。

 | BLOG TOP |  NEXT»»