プロフィール

かていようご

Author:かていようご
(社)家庭養護促進協会 大阪事務所のワーカー日記です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2012/10/01からの訪問者


あみだくじをしても“元凶”の私が当たることはなく
私が書くときには、くじを作り忘れた時だったのですが
はじめて当たりました。
最近は当たった人に「すいません~」と言い、さんざん文句を言われながら(笑)
書いてもらっていたのです。
なので、少し気は楽ですが、そろそろ6月も後半。
書くことがなくなってきました…。

協会は17時半まで開所していますが
それ以上事務所にいることも多いです。

そうなると、お腹がすきます。
協会にはオフィスグリコが設置されており
100円でボックスに入ったお菓子が買えます。
小腹がすいたときにも、コンビニに行くことなく
お菓子が手に入る、素晴らしいシステムです。

時々いただく差し入れが置いてあることもあり
ついつい口に入れてしまうのです。

私は食いしん坊で、お腹が減ると頭が働かなくなるタイプなので
毎日何かしら、食べています。
だから一向に痩せないのですが…。

そろそろ夏。
事務所にお菓子がなくなったら、少しはダイエットできる気がします。

年度末に、大阪府内の不妊治療クリニックに、
職員さん向けの説明にも伺います…というお手紙とともに、
協会のリーフレット等を送ったところ、
数軒のクリニックから、依頼を受けました。

火曜日には、まじまじ が講師として話をしに行きましたが、
「おつきの者」(笑)として私も同行しました。
さまざまな職種のスタッフの方向けに話をした後は、
看護師さんとの質疑応答の時間ももつことができました。

どのタイミングで、どんな人を対象に、
どんな情報を提供するのがよいのか…というのは、
なかなか難しいなと思います。
実子を妊娠、出産するために、
不妊治療をがんばっているご夫婦にとっては、
治療の過程の中で、「養子養育の選択肢」を提示されることは、
「治療の可能性を閉ざされる」ということと、
イコールに捉えられてしまうかもしれないからです。

それならいっそ、治療を始めるタイミングで、
「子どもを育てる」ことがしたいのであれば、
養子養育や、里親という選択肢もある…ということを、
”一律に”情報提供してもらえればいいんじゃないかなあ…とも思うのですが、
そう簡単な話でもないようです。

いろいろ意見交換をしながら、
子どもとの生活を望んでいるご夫婦にとって、
親を必要としている子どもにとって、
いい方法を模索していけたらいいなと思います。
協会を通じて子どもを迎えるときには
申込み後、何度かご夫婦と面接をし
所内で検討会議をおこない、第一候補のご夫婦を決め
(候補者がいないと判断することもあります)
家庭訪問調査に伺い
それを踏まえて、推薦するかどうかの検討会議をおこないます。

先日、調査後の会議で、推薦の方向となったAさん。
Aさんの仕事が終わったくらいのタイミングで電話をかけ
「推薦の方向で…」と言うやいなや
「本当ですか!うれしい!ありがとうございます!!」と
喜びが伝わってきました。

ご夫婦にとっては、人生を変える電話になるので
かける方も少し緊張しますが
大きくなった子どもに
「電話でもこんなにお母さんは喜んでいたんだよ」と
伝えられる日がくればいいなと思っています。

初めて会う日まで、色々な想像が膨らみ
ドキドキされることと思いますが
子育てが始まったらてんやわんやな日々になるので
今の気持ちを忘れないでいただけたら…と思っています。
一夜明けて、
今日は多くの交通機関が通常どおり運行され、
出勤予定の職員は皆無事に出勤できました。
あんなことがあったのに、すごいものだな、と感心します。

今日もたくさんの方から、ご心配をいただきました。
本当にありがとうございます。
児童相談所の職員さんは大変だったようで、
出勤もままならない中、
各お家に安否確認の電話や訪問をされておられたそうです。

今日は少し落ち着いていて、
機関紙の原稿を仕上げたり、
愛の手の取材に行ったり、
家庭訪問調査に行ったり、と
通常の仕事をおこなうことができました。
これが、どんなにありがたいことかと、
しみじみ思いました。

まだ、弱い揺れが起こっていて、
気を抜いてはいけないなと思いますが、
避難している方や被害にあわれた方々も、一日も早く通常の生活に戻れますように。
大阪北部を震源とした地震がおこりました。
被害を受けられた方、お見舞いを申し上げます。

一時は大阪への電話もつながりにくかったようで
安否確認の連絡がそれぞれの職員に入っていたようです。
本当にありがたいことです。
協会職員はみな無事で、
今日は近鉄を使える職員のみ出勤することができました。

わたしは滋賀県に住んでいるため
震源地を通って出勤するのですが
電車がすべて運休となったため、今日はお休みをいただきました。
せめて少しでも働こう…とワーカー日記を書いています。

地震発生時には、電車の中にいました。
緊急停車し、すぐに緊急地震速報が鳴り響き
大きな地震が起こったことを知りました。
緊急地震速報の音はなかなか怖いものですね。
お休みであるはずのJRの社員さんや医療関係者が
車内アナウンスで呼び出されるなか
空調の切れた満員電車でしたが、みな落ち着いて
スマホを触って情報を集めていました。

2時間ほど電車に閉じ込められていましたが
その間にニュースサイトで地震の情報を調べ
ツイッターで被害の大きさを知り
LINEで職場に連絡しながら
家族の無事を確認して…と
スマホがあったからこそ、落ちつけたのだろうなと思います。

結局電車から下ろされ、線路を歩き、家族に迎えに来てもらって
なんとか家につけました。

私など比べ物にならないほど、
大変な被害にあわれた方もたくさんいらっしゃると思います。
どうか早く、元通りの生活がおくれますよう、祈っています。

 | BLOG TOP |  NEXT»»